暗いところもでも明るく照らしてくれる作業灯|作業は安全第一です

会社の情報を比較する

空調

エレベーターを安全に利用するためにはエレベーターの保守管理を行なっている企業に依頼を行ない、定期的にメンテナンスや点検を実施してもらう必要があります。また作業を依頼する企業を選ぶ際は、いろいろな会社の情報を比較して作業を任せるのに最適な企業を選ばなければなりません。

Read More..

業務用と家庭用の違い

空調

業務用エアコンは主に施設内や会社などのオフィスなどに使用されています。家庭用エアコンとは電力の方式や料金などが異なり、工夫次第で基本料金を削減することが可能なのです。

Read More..

事故や故障を防ぐのに必要

エレベーター

エレベーターは人や物など様々なものを運ぶために便利なものとされており、現在では様々な場所で導入されています。エレベーターを安全に利用するにもきちんとした保守を行なう必要があるのです。

Read More..

大規模修繕の必要性

作業者

大規模修繕にあたっての注意点

マンションの大規模修繕は、どのように行われるでしょうか。通常は新築時に建設会社、管理会社が長期計画書を作成し、それを基本として修繕が行われるようです。年数としては15年目、20年目、25年目などがあるでしょうか。ところで、マンションの大規模修繕はそもそも必要なのでしょうか。マンションは、通常「軒」を持っていないため風雨、紫外線が直接壁などに当たりやすいという構造を持っています。よって、いわゆる日本家屋よりも頑丈な部材、例えばタイルであったりコンクリートを使用し、さらに塗装などもされておりますがそれでも割れ目が出来たりコーティングの隙間が出来たりすることは避けられません。そこから劣化することもあり、こうした修繕を大規模に行うことが必要になるようです。大規模修繕は場所によって暗くて見えにくい場所も存在します。そのため、暗いままで作業をしていると怪我に繋がる恐れがあるため、そのような状態を避けるためにも作業灯を利用するとよいでしょう。作業灯にも様々な種類があるため、利用しやすいものを選ぶことが大切です。

修繕の費用対効果について

大規模修繕には、大規模というだけあって相当の費用負担が生じます。もちろん入居者により毎月積み立てが行われていてこれによる支払いとなり、足りなければ各入居者が補填することになります。第1回目となる12年から15年目の大規模修繕では、平均相場として1戸あたり100万円ほどとなっているようです。よって、少なくとも15年目までには積立金をその額以上にしておく必要があります。これが積み立て終わってない場合は入居者からさらに追加金を徴収することになり、現実問題として困難が予想されるためです。修繕は管理会社主導で行うのが通常でしたが、最近の傾向としては入居者が主体となって行うケースもあるようです。これにより、相見積を取ることや費用対効果の高い工事を依頼することも可能となっているようです。